Recruiting

マイナビ Entry

社員インタビューInterview

「できること」が増えていく。
次は何をやってみようか!

Y・Iさん(2017年入社 理系出身)

きっかけは先輩との会話

学校の講義でネットワークについて勉強する機会があり、そのことがきっかけでネットワークエンジニアという職種に興味を持ちました。学校の先輩からも、検証環境が豊富で技術力に定評があると聞き、この会社であれば、安心して自分の能力を磨くことができるのではないかと思い、KTSに入社することを決めました。

自分で決めた2つの「ルール」

配属後は、ネットワークに関する基本的な知識を先輩に教えてもらいながら、お客様先での打ち合わせに同行したり、構築作業にチームメンバーとして参加しました。
特に苦労したのは、お客様先での打ち合わせです。
機器について分からないことがあっても、事前に社内の検証環境で実機を使ってテストをすれば、疑問を解消することはできますが、お客様との打ち合わせは、今までの実績や経験が重要です。専門的な話を分かりやすく丁寧に説明ができないと、お客様と良好な関係を築くことができませんし、曖昧な知識で回答すると信頼も損ねてしまいます。
「お客様からの質問には曖昧な知識で回答しないこと」
「分からないことやはじめての作業を行うときは、必ず先輩に相談し、確認すること」
配属当初は、この2つを常に心掛けて業務を行っていました。
社内には技術的な疑問はもちろん、お客様への対応の仕方についても丁寧にアドバイスをくれる先輩がたくさんいますし、同期や他の部署の方とのつながりも強いので、一人で悩みを抱えることもなく、一歩一歩確実に成長していると実感しています。

特定のメーカーに縛られない。
だから、おもしろい

現在は、ネットワーク機器の入替作業をメインで担当しています。
入替予定機器の設定や、テスト環境で使う仕様書の作成、仕様書に基づいたテストなど、お客様に機器を導入するまでの一連の作業を行っています。一番大切なことは、導入後のトラブルを未然に防ぐことです。そのため、導入するまで何度も繰り返しテスト検証を行うので、設置した機器が正常に稼働し、お客様から感謝の言葉を頂いたときに、やりがいを感じます。
KTSは豊富な検証環境があり、特定のメーカーに縛られない構築ができる会社です。この環境を最大限活用して、私が対応できる機器を増やすことがこれからの目標です。
ネットワーク機器には色々な役割をもった製品があるので、まだ経験したことがないメーカー・機器に触れ、もっと確かなネットワーク構築ができるエンジニアに成長したいですね。そのために、次は何をしようか、日々新しいことの連続で、毎日ワクワクしながら仕事をしています。

1日の流れ

9:00
出社 業務スケジュールの確認やお客様からのメールをチェックします。
10:00
テスト仕様書の修正 テスト環境で使用する仕様書のチェックを先輩社員に依頼、指摘事項の修正を実施します。
12:00
昼食
13:00
メーカーへの問い合わせ 午前中とは別の案件について、製造元メーカーへの問い合わせ等を行います。
16:00
テスト仕様書・構築作業手順のレビュー テスト仕様書のレビューや構築作業に伴う手順の確認を先輩社員や作業者も含め、実施します。
17:20
帰宅