Recruiting

マイナビ Entry

社員インタビューInterview

未知の世界でしたが、
IT業界に飛び込んでみました。

H・Mさん(2013年入社 文系出身)

文系でも大丈夫ですか?

もともと文系出身ではあったのですが、私たちの身の回りの生活を便利にしてくれる『IT技術』というものに魅力を感じ、IT業界に絞って就職活動を行いました。
この業界は適性や学習意欲があれば文理や出身学部も問わない企業が多いことも私の一歩を後押ししてくれたと思います。
KTSに惹かれた理由のひとつは「特定の分野やメーカーに縛られない」こと、ふたつめは「設計・構築・導入から運用・保守まで行っている」こと。この会社であれば、IT分野において幅広い活躍を目指せるのではないかと思い、最終的に入社を決めました。

企業システムを支えている
「やりがい」

当初は企業のIT基盤、特に現在携わっているストレージ(※1)について、あまり具体的なイメージがわいていませんでしたが、配属時に行ったストレージ製品のエージング(※2)をするなかで、はじめて実際の機器に触れ、それまで抽象的でバラバラだったイメージが、はっきりまとまっていったと感じます。
現在、私はストレージの構築をメインとして担当しています。日々、お客様の環境・用途に合わせたセットアップや、現地に赴いて機器の設置や配線作業などを行っています。仕事を通じて、日頃私たちが使用しているITサービスの裏側で、どのようにシステムが構築され、サービスを提供しているのかも見ることができました。
ストレージの分野は常に新しい専門知識が数多く必要とされます。その分、苦労することもありますが、社会の流れとしてデータの大容量化が進むなか、ストレージはとても重要な役割を担っています。メーカーも優れた製品を次々と開発し、その製品を使って多くの企業システムを支える仕事に携わっていることに、とてもやりがいを感じています。

(※1)ストレージ…データをコピーし記憶保存できる場所。代表的なものは、外付けハードディスク、USBメモリー、光学ディスクなど。またインターネットで繋がっている場所にあるデータ保存場所は、オンラインストレージやクラウドサービスと呼ばれる。
(※2)エージング…機器などの製品を出荷前に一通り動かし不良箇所をチェックする、「慣らし運転」。

ONとOFFの切替。
私らしく いられる場所

ストレージは、サーバ・ネットワークなどの周辺技術とも強くかかわりを持っており、それらを上手く取り扱うためには幅広い知識と技術が必要です。そのことを考えると、私自身まだまだ力不足な面も感じますが、社内には幅広い知識や技術・経験を持った人たちが集まっています(自宅でネットワークやサーバの環境を構築している人など、etc)。このように話すと身構えてしまう方もいるかもしれませんが、先輩や同僚も気軽に話せて相談もしやすい人ばかりですし、とても働きやすい職場ですよ。それに業務が落ち着いているときには定時に退社して、カフェでゆっくりしたり、自分の時間も持てているので、とても充実しています。
「これからも経験を積み、ITの専門家として誰からも頼りにされる人間になること」そして「ON・OFFのメリハリをつけて自分の時間も大切にする!」が、今の私の目標です。

1日の流れ

9:00
出社 1日のスケジュールと実施事項の確認・メールチェックをします。
10:00
機器の設計確認 これから構築作業に入るストレージ機器の設計手順の確認作業を行います。
12:00
昼食
13:00
機器の社内セットアップ 社内にてストレージ機器のセットアップを実施。
案件によっては、お客様先での打ち合わせや機器の導入も行います。
16:00
設計資料作成・更新 ストレージ機器の設計資料を作成したり、作成した資料の更新を行います。
17:20
帰宅