Recruiting

マイナビ Entry

社員インタビューInterview

いつかスーパーマンになる日

K・Iさん(2013年入社 理系出身)

その裏側を見てみたい

「プログラムを動かしている裏側(ITインフラ)を見てみたい!」
これが就職活動中の企業選びのポイントでした。
私は学生時代、情報処理系を専攻していたので、プログラムが動作する仕組みはある程度理解していましたが、ITインフラに関する知識はほとんどありませんでした。 実際に就職活動を始めて色々調べるうちに、サーバやストレージなど、システム基盤全般を支える『インフラエンジニア』という職業を知り、この分野でなら幅広いスキルが身につくのでないかと考え、KTSへ入社したいという気持ちが固まりました。

前例のないトラブルを解決する力

初めて担当した仕事は、お客様に納入したサーバ移設(移動)作業のサポートでした。その時は先輩に同行といった感じだったのですが、お客様施設への入館方法や、サーバの取り外し方といった、実際に経験しないと分からないことばかりだったので、その時初めて「あ、エンジニアになったんだな」と実感したことを覚えています。
現在は、サーバ製品をメインとしたITインフラの保守業務を担当しています。
お客様から障害(※)の連絡を受けた際に、原因の特定やKTS社内環境を用いた障害の検証、解決策の提示などを行っています。
まれに障害の特定調査が難航することもあるので、その時は製造元メーカーへの問い合わせや原因調査を依頼したうえで、KTS社内でも、これまで培ってきたナレッジ(障害事例集)を参考に検証や調査を行ったりもします。ある時、メーカーにも事例のない障害が発生したことがあり、その際私たちの調査がメーカーの調査よりも先に原因を特定し、お客様へ対処策を提示することができました。時間は掛かりましたが、苦労して難しい障害を自分たちの力で解決できた経験は、現在の自分の力になっていると感じます。

(※)障害…機器の故障などのトラブルのこと。

目標はマルチなエンジニア

ITインフラを構成する「サーバ」「ネットワーク」「ストレージ」はそれぞれ1つで成立するものではないため、全ての分野で幅広い知識が求められます。
常に新しいコトを吸収しなければならないのは大変ですが、これからも空き時間を利用して資格の勉強や、社外セミナーへ参加して最新の動向や技術を身につけ、マルチなエンジニア(スーパーマン)としてもっと活躍できるようになることが今の目標です
また、多くの先輩に新人の頃の私がして頂いたように、後輩社員の「次はこんなことをやってみたい!」という相談にも一緒になって考える、距離感の近い先輩として後輩をサポートしていきたいですね。

1日の流れ

9:00
出社 メールチェックにて、お客様から障害の連絡が来ていないか、現在対応中の障害でお客様から返信が来ているかを確認します。
10:00
障害対応 お客様へ電話やメールなどで障害対応を行います。
障害内容によっては、現地へ赴き対応を行う場合もあります。
12:00
昼食
13:00
移動 親会社である兼松エレクトロ二クスに打ち合わせのため移動。
14:00
定例ミーティング 営業や製造元メーカー、お客様等と障害対応に対する進捗や今後の対策について打ち合わせをします。
17:20
帰宅